診療科・部門

神経内科

神経内科は、脳神経から脊髄・末梢神経までの神経疾患の診断・治療を行ないます。こころの問題を扱う心療内科や神経科と混同されて受診されることがありますが、神経内科はこころの問題は扱いません。
神経内科を受診される方の多くは、頭痛、めまい、しびれ、手足に力が入りにくい、手足が勝手に動く、上手くしゃべれない、物忘れ、手のふるえ、物が二重に見える、瞼が下がる、歩行困難などの症状があります。
疾患としては、脳卒中(脳梗塞、一過性脳虚血発作など)や脳動脈狭窄症・頸動脈狭窄症などの動脈硬化症、片頭痛や緊張型頭痛などの頭痛、アルツハイマー型認知症などの認知症、手のふるえや足のすくみで発症するパーキンソン病、脊髄や小脳がやせていく脊髄小脳変性症などです。
尚、当院のみで診断がつかない場合や、もっと詳しい検査や治療が必要な場合には、連携する医療機関等に紹介させていただくことがあります。

外来診察

毎週水曜日 午前のみ 【予約制】

このページのトップへ